トップページへ 前のページへ 目次ページへ
議員団紹介 小林久子 議員

多子世帯の保育料負担軽減の条例改正【2016/4/22】

子ども・子育て支援法施行令の改正に伴い、関係する市の条例改正が専決処分で行われました。

●年収360万円未満相当の世帯の保育料の多子計算に係る年齢制限の廃止
 年収360万円未満相当世帯について、現行制度では、幼稚園等については奨学3年生まで、保育所等については小学校就学前までとされている多子計算に係る年齢制限を撤廃し、第2子半額、第3子以降無償化を完全実施。


●年収360万円未満相当のひとり親世帯等の保育料の算定について、軽減措置を拡充
 年収360万円未満相当のひとり親世帯について、第1子は半額、第2子以降は無償化。

◆前橋市の場合は第2子については国基準の5割軽減のところを市単独でさらに1割軽減し、6割軽減としている(保護者負担は4割)
 第3子は、市単独事業で、所得に関わらず無償化を実施済み。

 前橋市の、ひとり親世帯の保育料拡充の対象は303人
 ひとり親世帯以外の第2子の保育料軽減の対象は523人。第3子の対象は197人。
 トータルで市の新たな持ち出しは 約300万円    

 
ページのトップへ